今までの単品ダイエットは停滞期をおこす

今までのダイエットは特にダイエットに良いとされる食品を置き換える単品ダイエットが主流なのですがどんなに栄養があったとしても1品だと足りない栄養がありかたよってしまうのです。

1日に必要な栄養はダイエット中でも必ず取らないといけないのですがその栄養がかたよったままカロリーを落とし続けると脂肪ではなく筋肉を分解して足りない栄養を養おうとするので痩せたとしてもいわゆる筋肉が落ちて締まりのないかっこ悪いスタイルになってしまいます。

よく隠れ肥満と言われるのが栄養を取らずにダイエットした人の特徴です。

皆さんは体重が落ちれば満足ですか?

やはり抜群の誰から見てもうらやましがられるようなスーパーボディになりたいはずです。

しかも栄養が足りないダイエットを続けると停滞期に入ったときに期間が長くなります。

停滞期とはなんですか?と思われた方も多いと思います。

人の体は、急激に体重や栄養がかたよったダイエットを続けると脳が飢餓と勘違いしてしまい少しのカロリーでも活動できる省エネ体質に変えてしまい体重がいくらカロリーや運動しても落ちなくなってしまいます。

初めてのダイエットや停滞期を知らない方はあせってしまいさらにカロリーを落としてしまいますが逆効果で停滞期の期間を延ばしてしまう原因になるのです。